『ジャンヌダルク~ジュテームを君に』

『ジャンヌダルク~ジュテームを君に』

“KERMIS”第3弾としてお届けする企画は劇団往来の鬼才、鈴木健之亮が総指揮として渾身の力で作り出す

劇団往来Presents
「ジャンヌダルク~ジュテームを君に~」

ドラマ性を重視したストレート・プレイのにおい立つ劇団往来の世界を歌劇の世界を知り尽くしたはやみ甲の演出により元宝塚・OSKのスターが華麗に演じるドラマティック・ミュージカルの世界

本公演は、日仏交流160周年記念認定行事として、フランス大使館の後援により実施されます

【あらすじ】
祖国のため、シャルル7世のために戦場を駆けるジャンヌ。
運命を超えた絆で結ばれた二人。忠誠はいつか愛へと変わる。
敵将との友情、勝利と転落、そして陰謀と裏切り。
炎に包まれたジャンヌ。その瞳に最後に写ったものは・・・
究極の愛(ジュテーム)。

十五世紀、百年戦争末期のフランス。
神の声を聞いたジャンヌ・ダルク(桜花昇ぼる)はその言葉に従い時の王太子シャルル7世(椿火呂花)に会うために、流れ者の兵士メッシ(未央一)とフルース(風早優)と共に旅立つ。
舞踏会で大勢の中から見事に自分を見つけ出したジャンヌに、シャルルは軍隊を与え、英国軍に包囲された街 オルレアンに向かわせる。同行するのはラ・イール(友麻亜里)とジル・ド・レ(鳴海じゅん)。

英国軍一の名将、タルボット将軍(綺華れい)に追い詰められるジャンヌ。その毅然とした態度にタルボット将軍はジャンヌを軍人として認める。オルレアンでの勝利と、シャルルの戴冠式、歓声に沸くフランス。ジャンヌは幸せの絶頂にいた。

一方で、ブルゴーニュ公(珠希星佳)はシャルルから国王の座を奪ために、密かに英国軍と通じていた。
その矛先は英雄、ジャンヌ・ダルクに向けられる。ジャンヌが聞いた声の主は、神か悪魔か、異端審問が始まる。

【公演概要】
『ジャンヌダルク~ジュテームを君に~』
総指揮:鈴木 健之亮
作:小鉢 誠治
演出:はやみ 甲
音楽:松岳 一輝
主催:『ジャンヌダルク』製作委員会
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ フランセ、大阪市、公益法人関西大阪21世紀協会、関西テレビ放送株式会社、読売新聞社
協力:株式会社メディアプルポ、株式会社ジュピターテレコム、株式会社ブリーゼアーツ、株式会社アレキサンドライト、株式会社セブン、officeみねらるらむね、スリーベイシス
特別協賛:共栄法律事務所
お問合せ先:劇団往来06-6945-4653

【公演日程】
● 2018年10月13日(土) 12:00~ / 16:00~
2018年10月14日(日) 12:00~ / 16:00~
(開場は開演の30分前)

● 会場 サンケイホールブリーゼ

● 公演時間 約2時間(休憩挟む)

● 座席料金 S席8,500円、A席6,500円、B席4,500円
(未就学児入場不可)

● 出演者
桜花 昇ぼる(旭堂南桜)
椿 火呂花
青山 雪菜
鳴海 じゅん
綺華 れい
未央 一
風早 優
友麻 亜里
珠希 星佳
平松 沙理
美砂 まり(劇団往来)
要 冷蔵(劇団往来)
夢組特別ユニット(ダンス)他
河合 美智子(特別出演)
井田 國彦(特別出演)



カテゴリー: 1・南陵一門 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA