第177回此花千鳥亭南陵会1月17日(金)18時45分開演

第177回此花千鳥亭南陵会1月17日(金)18時45分開演

出演者・・・師匠・南照・南遊・南喜・南也


カテゴリー: 1・南陵一門 | 第177回此花千鳥亭南陵会1月17日(金)18時45分開演 はコメントを受け付けていません。

第543回おたび寄席令和2年1月26日(日)13時30分開演

第543回おたび寄席令和2年1月26日(日)13時30分開演

カテゴリー: 1・南陵一門 | 第543回おたび寄席令和2年1月26日(日)13時30分開演 はコメントを受け付けていません。

若獅子会プロデュース公演 おおさかバージョン

若獅子会プロデュース公演 おおさかバージョン

笠原 章/作・演出「歌麿―深川の雪―」 

構成・振付/山村佐智子「歌麿屏風 歌舞―品川の月 吉原の花―」

国立文楽劇場小ホール
2020年3月4日(水)~3月8日(日)

寛政五年、夏の宵。吉原大文字屋の遊女・多賀袖は、花魁には御法度の刺青
を彫ろうとしていた。浅草仲之町の引手茶屋で、その趣向を偶々知ったのは、
今売れに売れている浮世絵師・喜多川歌麿。多賀袖の魔性の肌に魅せられた
歌麿は、江戸随一の彫り物師・唐草の権次になり代わり、その美しい背中に
妖艶な刺青の下絵を書くことに……。
その頃、日本橋通油町の耕書堂主人・蔦屋重三郎は、松平定信による奢侈禁
止令で幕府に睨まれ身代半減となっていたが、歌麿の絵になりたいと夢見る
愛娘・お千代の健気さに支えられ、起死回生を図っていた。そこへ、阿波徳
島藩藍染御用達鳴門屋の女将・おれんが、東洲斎写楽の役者絵を世に出して
欲しいと頼みに来た。写楽と名乗る能役者・斉藤十郎兵衛の描いた奇妙な浮
世絵を見た蔦屋は、その才能に驚異を感じ、一か八かの賭けに……。
数日後、「中村屋の芸者豊雛」「難波屋おきた」「高島屋お久」の当時三美人の
絵をようやく仕上げた歌麿は、女弟子・織江に縁談話がある事を知る。嫁に
行くなの一言が言えない歌麿――。一生側に置いて欲しいの一言が言えない
織江――。人は出逢い、そして別れ往く……。

美人画絵師・喜多川歌麿晩年の大屏風絵三部作より『深川の雪』を劇化。そして『品川の月』『吉原の花』を、創作歌舞〈歌麿屏風〉としてご覧きます。名画『雪月花屏風三部作』に秘められた、物悲しくも艶っぽい歌麿の涙をご堪能くださいませ。

若獅子会主宰 笠原章

<出演>笠原章/旭堂南陵・桜花昇ぼる/南條瑞江・時代吉二郎/鳩笛真希・浦川ともみ・松井悠・有希晃・山内萌子・宮俊一・高丸えみり
(順不同)

【ご観劇料】
全席指定 4,500円

3月4日(水)18時、
3月5日(木)12時/16時、
3月6日(金)12時/16時、
3月7日(土)12時/16時、
3月8日(日)14時

カテゴリー: 1・南陵一門 | 若獅子会プロデュース公演 おおさかバージョン はコメントを受け付けていません。

桂米朝五年祭 喜劇 『なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち』

桂米朝五年祭 喜劇
『なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち』

大阪松竹座
2020年2月1日(土)初日~16日(日)千穐楽

2015年3月、惜しまれながらもこの世を去った上方落語の巨星・桂米朝。翌年の2016年2月、大阪松竹座では米朝の代表演目のひとつ『地獄八景亡者戯』を舞台作品として上演し、好評を博しました。
そしてこのたび、米朝の五年祭を前に、米朝とともに数々の弟子を育てあげた絹子夫人の人生模様を描いた「なにわ華がたり」(廓正子著)を基に、堤泰之の脚本・演出により、桂米朝・絹子夫婦の人生行路を舞台として上演いたします!
大店の跡取り娘が周囲の反対を押し切ってOSSK(大阪松竹少女歌劇団)に入団し、“駒ひかる”の名で一世を風靡した華やかな時代から、戦中戦後の混乱期を生き抜き、当時無名落語家であった桂米朝と出会い、人生をともに歩むまで……
今や上方落語を語る上で欠かせない桂米朝を陰日向となり支え続けた絹子夫人の人生から、これまでに明かされることのなかった米朝の素顔や、息子であり弟子である現・米團治をはじめ、個性豊かな弟子たちとの波瀾万丈ながらも温かな共同生活を描きます。
昭和の芸能界の変遷とともに歩んだ、米朝・絹子夫妻。桂米朝のアナザーストーリーともいえる、注目の舞台にご期待ください!

中川絹子(桂米朝の妻) : 真琴つばさ
桂米朝 : 筧利夫
中川明(桂小米朝、後の五代目米團治) : 内博貴
海乃くじら(漫才師) : 池乃めだか
海乃いるか(漫才師) : 西川忠志
桂朝丸(後の桂ざこば) : 今野浩喜
正岡容(米朝の師) : 野田晋市
勝浦千浪(OSKのスター) : 桜花昇ぼる
三津谷武夫 : 曽我廼家文童
桑田末子(絹子の母) : 三林京子
四代目桂米團治(米朝の師匠) : 桂ざこば
 (順不動)
【ご観劇料(税込)】
一等席 12,000円
二等席 7,000円
三等席 4,000円

02月01日( 土 )
11:00 –
02月02日( 日 )
11:00 15:30
02月03日( 月 )
11:00 15:30
02月04日( 火 )
11:00 –
02月05日( 水 )
11:00 15:30
02月06日( 木 )
11:00 15:30
02月07日( 金 )
11:00 –
02月08日( 土 )
11:00 15:30
02月09日( 日 )
11:00 15:30
02月10日( 月 )
11:00 –
02月11日( 火 )
11:00 15:30
02月12日( 水 )
11:00 –
02月13日( 木 )
11:00(貸切) 15:30
02月14日( 金 )
11:00(貸切) –
02月15日( 土 )
11:00 15:30
02月16日( 日 )
11:00 15:30

カテゴリー: 1・南陵一門 | 桂米朝五年祭 喜劇 『なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち』 はコメントを受け付けていません。

今年ラストの一門会は修羅場読み特集でした

今年ラストの一門会は師匠プロデュースの修羅場読み特集でした

師匠の首には旭日中綬章が輝いております。師匠おめでとうございます⭐

そして旭堂南也さん本日初高座でございました⭐

今年ラストの一門会、賑やかでございました。

本年も誠にありがとうございました

次の一門出演の会は元旦の生國魂さんです🌸

今後とも南陵一門をどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m✨

皆様よいお年をお迎えくださいませ🌸

ありがとうございました🌸🌸

 

カテゴリー: 1・南陵一門 | 今年ラストの一門会は修羅場読み特集でした はコメントを受け付けていません。

第543回夢浪漫亭おたび寄席 令和2年1月26日(日)

カテゴリー: 1・南陵一門 | 第543回夢浪漫亭おたび寄席 令和2年1月26日(日) はコメントを受け付けていません。

旭堂南陵講談塾・早春の発表会 2月16日(日)

令和2年の最初の講談塾発表会は、なんば千日前・千日亭がこの春リニューアル工事に入るため、少し早めの開催です。2月16日(日)

カテゴリー: 1・南陵一門 | 旭堂南陵講談塾・早春の発表会 2月16日(日) はコメントを受け付けていません。

2020年みなみ屋カレンダー完成

2020年みなみ屋カレンダー完成

カテゴリー: 1・南陵一門 | 2020年みなみ屋カレンダー完成 はコメントを受け付けていません。

女性が活躍する大阪の芸能

南照さんと南鈴さんが        『女性が活躍する大阪の芸能』で講談の解説と、一席ずつ、ラストは会場の皆さんと一緒に修羅場読みも

講談が初めての方もたくさんいらっしゃいましたが、皆さん楽しんでいらっしゃいましたよ(^O^)

大阪講談協会では講談師の派遣も承けたわっております。お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

カテゴリー: 1・南陵一門 | 女性が活躍する大阪の芸能 はコメントを受け付けていません。

ワッハ上方での講談ワークショップの様子

旭堂南慶さんが講師となり🌸ワッハ上方での講談のワークショップの様子がワッハ上方さんの公式Twitterで紹介されてました🌸素敵な写真なので拝借してこちらにも載せさせていただきました🌸大盛況🌸

 

 

カテゴリー: 1・南陵一門 | ワッハ上方での講談ワークショップの様子 はコメントを受け付けていません。